2014年7月12日土曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は各人が自分の信念を映して安心したり、敵意に燃えたりする鏡のようなものである。東急リバブル東急不動産が理想の水準から程遠いことは東急不動産消費者契約法違反訴訟から明らかである。東急リバブル東急不動産の腐敗や堕落にはうんざりしている。あまりにも長い間、林田力は東急リバブル東急不動産の投げてよこす嘘に耐えてきた。しかし、もう我慢も限界である。東急リバブル東急不動産にとってマンションだまし売りは小さな虫を潰すことと同じ感覚なのだろう。東急リバブル東急不動産に誠意はない。

0 件のコメント:

コメントを投稿