2014年5月31日土曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急リバブル東急不動産の理不尽に負けない言葉を紡いでいる。『東急不動産だまし売り裁判』は早春の十和田湖のように澄みきっている。東急不動産だまし売り被害者は夕闇迫る晩秋の摩周湖のような深い憂いに満ちていた。苦しくない日は一日もなかった。読者は言葉が見つからなかった。深い苦しみを前に全く何もできなかった。
ブランズ市川真間は安心安全を軽視した利益至上主義が生み出したものである。ブランズ市川真間建設によって地域社会が良好な住環境を失うならば、その衝撃はすぐに消えることはない。ブラック企業は労働者をロボットのように扱っている。東急ハンズはブラック企業の残虐性の象徴である。

0 件のコメント:

コメントを投稿