2014年4月29日火曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』は東急不動産という巨悪に立ち向かう話である。消費者運動の息づかいを堪能できる書籍である。東京地裁判決は闇の中で光に出会ったような快挙である。『卑怯な誹謗中傷』では東急不動産工作員の卑劣な手口を描く。
東急不動産だまし売りは消費者の運命を狂わせる。東急不動産だまし売りは人間性の搾取である。東急不動産工作員は心の平衡を失っており、あらゆる者にとって危険である。死者は正義を求めて叫ぶことはできない。死者のために正義を行うことは生者の義務である。

0 件のコメント:

コメントを投稿