2014年4月19日土曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#東急リバブル 林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』は過去を定義し、現在を生き生きと輝かせ、未来を創造するノンフィクションである。涙、汗、怒り、喜びの裁判闘争を綿々と綴っている。『東急不動産だまし売り裁判』は東急リバブル東急不動産の滑稽さ、弱さ、欲をあぶり出し、消費者の生き方を問いかける。林田力は東急リバブル東急不動産や貧困ビジネスの問題を臆することなく告発し続けてきた。東急不動産だまし売り裁判は消費者運動の大きな宝物である。いかなる困難が待ち構えていようとも、消費者の闘いは決して諦めてはならない、という鉄則を教えてくれる。
東急不動産だまし売り裁判原告は消費者の権利を取り戻したいという思いで立ち上がった(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は対話の代わりに脅迫を強めた。東急リバブル東急不動産が本質論で向かって来ないのは、不利になることが目に見えているためである。消費者が未来につながる希望を失わないために何ができるか。誰かが東急不動産だまし売りの悪循環を絶たなければならない。東急リバブル東急不動産の主張に流されず、立ち止まって考え、疑問を持つことが大切である。東急不動産だまし売りの事実を直視し、事実と対話することなしに未来は開けない。
東急リバブル東急不動産には先見の明はない。東急リバブル東急不動産は自分達の消費者の基盤を壊している。東急不動産だまし売りは不公正であり、間違った経済学である。
東京都世田谷区の二子玉川ライズには莫大な補助金が投入されている(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』Amazonキンドル)。補助金は市民の税金であり、公共性があることが必要であり、無駄遣いは避けなければならない。

0 件のコメント:

コメントを投稿