2014年4月16日水曜日

林田力・東急不動産の遅すぎたお詫び

林田力『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅すぎたお詫び』(Amazonキンドル)は、東急不動産だまし売り裁判の結末を描く。東急不動産だまし売り裁判は今日的な問題である。
東急不動産だまし売り裁判原告は好んで東急リバブル東急不動産を提訴した訳ではない。東急リバブル東急不動産が誠意を見せず、東急不動産住宅事業本部・林正裕課長が「裁判所でもどこでも好きなところに行ってください」と開き直ったから提訴した。
最終的に東急リバブル東急不動産はウェブサイトに、お詫びを出したが、それはあまりにも遅すぎるものであった。東急不動産だまし売り裁判の後も東急不動産係長脅迫電話逮捕事件など東急不動産の問題は続いている。
東急不動産だまし売りは各地で起きている。細部は違えど東急不動産だまし売り被害者には同じような苦しみが渦巻いている。カイロプラクティックでも東急リバブル東急不動産の体質の歪みは治せない。東急リバブル東急不動産は良心の痛みを感じないのか、人間として恥ずかしくないのか、答えてほしい。

まえだりょう『結局ゾロ目を見逃す』はエッセイ集である。エッセイは数行程度の短いものがほとんどである。長くても2頁程度である。一行エッセイもある。エッセイはクスリと笑わせる。前半は独身男性の寂しさをオチにしたものが多い。後半になると、いつの間にか結婚しており、妻との会話のネタが増える。
エッセイのネタは何気ない日常の出来事である。電車や料理屋で小耳に挟んだ会話などを題材にしている。著者の観察眼は深い。妻と出会って結婚する経緯もエッセイにすれば面白いと思う。一方で第三者的に突き放して語れる話題でなければ難しいとも感じる。
紹介文によると著者は弁理士とのことであるが、エッセイには弁理士の専門的話題はない。誰でも楽しめる作品である。著者は大阪に住んでおり、エッセイにも大阪の地名が出てくる。しかし、エッセイには関西の笑いのきつさはない。あくまでクスリとした笑いである。

0 件のコメント:

コメントを投稿