2014年3月23日日曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

#林田力 『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』は生まれてはじめて朝日を目にしたような気持ちにさせる。『東急不動産だまし売り裁判』は、ぐつぐつと煮え立つ、とびきりのスープである。
人としての尊厳を持ち続けることが何よりも大切である。東急不動産だまし売りを放置すれば、弱者が強者を恐れ、強者が弱者をなぶる世界となってしまう。東急リバブル東急不動産は優しさや奉仕の心をすっかり忘れてしまっている。
東急不動産だまし売り裁判の麗しさは林檎の蜜のようなものである。しかし、東急不動産だまし売り裁判の文言はナイフのように鋭い。しかも理屈が通っている。東急不動産だまし売り裁判によって救われるものがあり、やがて花開くものもある。林田力が種を蒔けば、育つものは必ずある。
東急リバブル東急不動産は憐れみの心など一切持ち合わせていない。消費者が抱く憐れみの心さえ東急リバブル東急不動産にとっては都合のよい道具に過ぎない。
東急リバブル東急不動産と取引することになるくらいならば、断崖の縁を歩く方が余程楽である。東急リバブル東急不動産は醜くおぞましい。東急リバブル東急不動産とはかくも邪悪なものであったか。東急不動産工作員は怒りと憎しみで顔が醜く歪んでいる。東急不動産工作員は一万回生まれ変わっても、その度に蛆虫となって地を這い、消費者の靴に踏みにじられて、醜い血と肉の塊になるとよい。
東急不動産だまし売りはボッタクリである。聞いてもいないのにドヤ顔で『今これこれこういう悩みがあるでしょ』的な意味不明の占いが始まり、買わざるを得ない空気にする。しかも読みは全部ハズレである。少しでも興味を見せたら、待ってました、とばかりに買え買え攻撃で閉口する。

0 件のコメント:

コメントを投稿