2014年3月28日金曜日

AKB48=?iso-2022-jp?B?GyRCJUklcyEmJS0lWyE8JUY6W0g9JEhLTEtcO1QbKEI=?= いじめ裁判

#AKB48 #裁判 ドン・キホーテがAKB48の運営会社のAKS(東京)と、パチンコメーカーの京楽産業(愛知県名古屋市)を相手取り、50億円の賠償金支払や、AKBメンバーの声などが流れるパチンコ台の販売差し止め等を求めて東京地裁に提訴した。この訴訟は東京地裁民事第31部の舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、中田萌々裁判官が担当する。事件番号は平成26年(ワ)2189号事件である。
これは北本市いじめ裁判と同じ部である。埼玉県北本市立北本中学校いじめ自殺裁判の東京地方裁判所民事第31部判決(舘内比佐志裁判長、杉本宏之裁判官、後藤隆大裁判官)は強く批判された。同級生から「きもい」と悪口を言われ、下駄箱から靴を落とされ、「便器に顔をつけろ」と言われるなどの事実がありながら、「一方的、継続的ではなく、自殺の原因になるようないじめがあったとは認められない」として自殺生徒遺族の訴えを退けたためである。ここは最高裁裏金裁判や中野相続裁判でも批判されている。後藤裁判官は立川支部に異動したが、そこでも不公正な保護命令が批判されている。

0 件のコメント:

コメントを投稿