2014年2月20日木曜日

東急不動産だまし売り裁判

#東急不動産だまし売り裁判 #林田力 『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)には東急不動産だまし売り被害者の思いが熱意たっぷりに書き込まれている。ひたすら訥々と語りかける文章は今の時代にかえって新鮮である。
東急不動産だまし売りや東急不動産係長脅迫電話は鬼畜の所業である(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazonキンドル)。東急リバブル東急不動産には不愉快さがつきまとう。東急リバブル東急不動産と取引したら不幸になる。東急不動産だまし売り被害者は自分の声が震えていることに気付いた。東急不動産だまし売り被害者は悲しくて悔しくて唇が震えた。正直なところ、顔を伏せて泣きたいくらいであった。
私の宿題となっているシェアハウスの件ですが、目的としては大きく二つの要望があると理解しています。一つは純粋な意味でのシェアハウス経営です。もう一つは集まれる場所(事務所)の確保です。一番良い方法は一戸建てを購入してリフォームすることです。これには数千万円必要です。

0 件のコメント:

コメントを投稿