2014年2月13日木曜日

二子玉川ライズ風害

東京都世田谷区玉川の二子玉川ライズではビル風被害が大きな問題になっている(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』Amazonキンドル)。二子玉川ライズ風害対策の説明会が世田谷区玉川支所で開催された。世田谷区側の対応は事業者(再開発組合、東急電鉄・東急不動産)に対応させるとの一辺倒であった。これは住民との折衝から変わらない姿勢で安心安全の街づくりを主体的に実現する姿勢が問われるものである。
専門家委員の説明によると二子玉川ライズ周辺はビル風被害の一級品とのことである。二子玉川ライズのビル風被害の大きさが再確認された。超高層ビルは各地に存在し、傘が破壊されるなどのビル風被害も珍しくない。この中で二子玉川ライズが大きな問題になっていることは不思議である。この説明として二子玉川は子どもや高齢者の生活する住宅街だからと考えられたが、高層マンションの林立する江東区豊洲などと比べても二子玉川ライズのビル風被害は異常である。
しかも専門家によってもビル風対策は植栽などオーソドックスな対策では不十分という。通常の対策では対処できないような異常なビル風を起こす二子玉川ライズを建設した責任は強く問われなければならない。
今回の説明では二子玉川ライズ・オフィスにぶつかって生じるビル風の影響が大きいとのことである。一方で二期ビル建設によるシミュレーション結果は二子玉川ライズ・オフィスほど大きな影響はないという。この二期ビルの影響は大きくないという点は住民の感覚に反し、検証が必要である。興味深い点は超高層ビルの二期ビルの影響は小さいとしながら、それより低層の二子玉川ライズ・オフィスの影響を大きいとしたことである。二子玉川ライズ・オフィスの風害対策は植栽などオーソドックスな対策では不十分で、道路に覆いをかけるような経済的にも技術的にもハードルの高い手法を対策として提示する。つまり、二子玉川ライズ・オフィスは、まともな風害対策では対応できないということである。二子玉川ライズ・オフィスは16階建てであり、相対的には決して高いビルではない。それが通常の風害対策では対処できないビル風被害をもたらしている。これは一般の超高層ビルのビル風被害とは異質な問題と考えた方がいいかもしれない。二子玉川ライズ・オフィスの構造や
デザインが通常では起こらないビル風被害を起こしていると考えるべきではないか。この点では最後の方の発言者の「二子玉川ライズ・オフィスの壁面を工作することで風を下に降ろさないようにする」は魅力的である。

0 件のコメント:

コメントを投稿