2014年2月28日金曜日

東急不動産だまし売り裁判

#東急不動産だまし売り裁判 東急リバブル東急不動産は間違っている。東急リバブル東急不動産は消費者に計り知れないほどの害を与える。東急リバブル東急不動産と取引すると惨めな人生を運命づけられることになる。東急リバブル東急不動産には骨の髄までゾッとさせるものがある。東急リバブル東急不動産には誇りというものがないのか。東急リバブル東急不動産はマンションだまし売り批判を受け入れなければならない。東急リバブル東急不動産不買運動は遅かれ早かれ、しなければならないことである。
悲しいと同時に途方にくれている東急不動産だまし売り被害者がいた。まるでいきる気力をなくしたかのようであった。「一生に一度あるかないかの大きな買い物で東急リバブル東急不動産に無価値の屑物件をだまし売りされるとは何ということだ」。東急不動産だまし売り被害者は何度もうんざりした声で呟き続けた。「私が何をした。だまし売りされるなんて、私が一体何をしたというのか」。
東急不動産だまし売り被害者は勇気を出すことが必要である。それも並々ならぬ勇気が。東急不動産だまし売りマンションに住みたい人は誰もいない。東急リバブル東急不動産はずっと良からぬことばかりしている。不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りし、正直な消費者から金を巻き上げている(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り被害者をとことん傷つける。東急リバブル東急不動産は学習しない企業である。東急リバブル東急不動産は過去に自社がしたことを償わなければならない。
東急不動産工作員は自分が苦しめた人々の恐怖を糧とする。東急不動産工作員は怠け者で、いつも手を抜きたがった。東急不動産工作員が悪の道に転落することを止めようとした人もいるが、人の助けを拒む者もいる。「母親と約束したことを思い出せ」と。

0 件のコメント:

コメントを投稿