2014年1月29日水曜日

宇都宮けんじで脱貧困

#宇都宮けんじ #脱貧困 #都知事選 #東京都知事選 #ブラック企業 宇都宮けんじで脱貧困の東京都政を。宇都宮けんじでブラック企業規制。宇都宮けんじで反貧困、反ブラック企業、反貧困ビジネスの東京都政を。東京都知事選挙の争点は脱原発だけではない。
過労死を出した東急ハンズのようなブラック企業には軍国主義的な体質がある。誰かが線からはみ出した場合に備えて、乗馬鞭を持って店を行ったり来たりしないことが意外なくらいである。下には責任を追わせるが、上は責任どころか失敗も認めない。対外的にどんなかっこいいことを言ったところで、結局保身と自分の利益追求が言動から常に透けて見える。一方的に自分たち有利に決めていって、一般社員と顧客のことを全く考えていない。
ブラック企業が嫌ならば辞めればいいは現実を無視した主張である。ブラック企業は激務であり、転職活動の時間が作れない。履歴書を書いて面接して試験の準備をすることは相当な負荷がかかる。平日の面接は、まず無理である。ブラック企業では基本的に縁もゆかりもない場所が勤務地のことが多く、受けたい会社への移動も大変である。

0 件のコメント:

コメントを投稿