2013年11月5日火曜日

東急ブラック企業

ブラック士業は災難をもたらす厄介者である。ブラック士業の前に立った時に恐怖を覚えた。何と醜いのか。見世物小屋の奇人変人を目の当たりにした混乱に襲われた。獣の臭いが辺り中に立ち込めていた。
これからの年月を便所のようなブラック企業に流し捨てながら、それに甘んじながら生きねばならない社畜に哀れみを感じる。東急リバブル東急不動産と契約したならば、どのような厄介事に出くわすことになるのか、説明した。東急リバブル東急不動産不買運動家には判断力があり、そしてこれは別に侮辱ではないのだが、多少の狂気も備えている。そのために不買運動家の言葉は本当のことと受け止めておかなければならない。
ブラック企業では、林田力『ブラック企業・ブラック士業』の話題は禁止か
ブラック企業では、林田力『東急不動産だまし売り裁判』の話題は禁止か
ブラック企業の中のブラック企業は労働者にも消費者にもブラック企業である。
東急リバブル東急不動産は消費者無視の企業である。東急不動産だまし売り裁判。東急リバブル迷惑隣人説明義務違反事件。
東急不動産・東急電鉄は住民無視の企業である。二子玉川ライズ、東急大井町線高架下立ち退き。
強盗慶太以来の社風、体育会系社風から暴力的に。東急不動産係長がトラブルになった顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された。
東急ハンズは心斎橋店員がサービス残業強要、パワハラで過労死した。
東急電鉄は古典的なブラック企業。第二組合差別で東急一時金訴訟。
ブラックバイトの反動か。東急ストア戸塚店でアルバイトがグレープフルーツやリンゴを口に加えた不衛生写真をTwitterに投稿して炎上した。バカッター事件。

0 件のコメント:

コメントを投稿