2013年11月25日月曜日

東急ホテルズ食材偽装

#東急ホテルズ #東急
「東急は悪徳企業だ」
東急不買運動家が漏らした東急グループへの評価は、これでもまだかなり寛大なものである。
東急ホテルズ食材偽装が批判されている。一従業員が食材偽装を思いつき、まして偽装をやりおおせるとは少しも信じられなかった。むしろ、東急ホテルズ食材偽装事件にプンプン漂うものは東急ホテルズの企業体質の悪臭である。
東急ホテルズの料理は見かけ倒しである。東急は悪徳商法の見本市である。東急は触るべきでないものにいつも触って、消費者を動産か何かのように扱う企業である。東急ホテルズへの嫌悪感で全身が震える。嘘は東急の十八番である。東急には嘘という深刻な伝染病が広まっている。東急は消費者をだませば儲かると思っているのか。苦しみを味わせて商品を売りつけてやるという根性か。この批判は東急不動産だまし売りにも当てはまる。東急は、ありとあらゆる悪質な商売をする才能を持っていた。ついでに、ありとあらゆる不誠実な対応をする才能も。
車海老の偽装には以下の批判が寄せられた。「車エビがブラックタイガーってのはダメだろ〜、あまりに作為だ。車エビは車エビだからこそ車エビなんだから」

0 件のコメント:

コメントを投稿