2013年11月18日月曜日

ブラック企業・ブラック士業

#ブラック企業 #ブラック士業
ブラック企業やブラック士業は個人の尊厳を踏みにじる。ブラック企業やブラック士業を容認することは、自分の足を鋭利なナイフで刺すようなものである。ブラック企業やブラック士業は手当たり次第、全てを奪う。略奪の手を止めることなく、人々から全てを奪い取る。ブラック企業やブラック士業は同じ過ちを繰り返している。よほど人権が嫌いらしい。日本社会をゴミの山にしたいのだろう。ブラック企業やブラック士業の行いは七つの大罪に入る悪行である。
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(Amazonキンドル)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げたノンフィクションである。東急ハンズ過労死や東急電鉄一時金請求訴訟などを取り上げている。
東急ハンズをテーマとするインターネット掲示板では以下の悲痛な書き込みがなされた。「疲れた・・・。今までのこと少しずつ記録していってます。遺書として準備でき次第、常に店内のどこかで自殺を考えてしまう自分が怖い。助けて・・」。
ブラック企業やブラック士業は有害である。東急ハンズのようなブラック企業は、まともに商売をする企業にとって迷惑である。
ブラック企業は、ごまかしで税収が減るために国や市町村が迷惑する。
ブラック企業は、平気で違法行為や公害垂れ流しをするために市民が迷惑する。ブラック企業は、労働者に罪と仕事を押し付け、労働者の健康を損なう。そのために医療費が増大し、健康保険料を払う全国民が迷惑する。

0 件のコメント:

コメントを投稿