2013年10月9日水曜日

時間旅行者の系譜

東急リバブル東急不動産不買運動家は勇ましいが実に謙虚である。ブラック士業や脱法ハーブ宣伝屋のこれ見よがしの大物気取りとは大違いの性格である。東急不買運動家は脱法ハーブ宣伝屋のような卑怯者でもなかった。「誰かを殺さねばならないからといって、その者に礼儀を欠いてもいいなどどうして言えようか」(ルカ・マサーリ著、久保耕司訳『時金の翼』シーライト・パブリッシング、2013年、56頁)

クリスティン・ギア著、遠山朋子訳『時間旅行者の系譜 比類なきエメラルド』(東京創元社、2013年)は時間旅行ファンタジー三部作の完結編である。主人公は現代の女子高生である。タイムトラベルの冒険や謎解きと恋愛が平行する。主人公にとって、世界や人類の命運を左右しかねない謎以上に自分の恋愛が大問題である。これは少女向け作品らしい。

林田力 林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 二子玉川ライズ反対運動 東急ストアTwitter炎上 東急大井町線高架下立ち退き 東急リバブル広告 wiki Facebook Amazon アマゾン リアルライブ ツカサネット新聞 ブログ 記者 ブラック企業・ブラック士業

0 件のコメント:

コメントを投稿