2013年10月14日月曜日

東急不動産だまし売り裁判

東急リバブル東急不動産の増長を許しておくにも限界というものがある。東急リバブル東急不動産のやりたい放題を許してしまえば、日本社会はギスギスしていくばかりである。要するに東急リバブル東急不動産は何も考えていない。ただ目先の不安に突き動かされて、短絡的な利益を求め続けただけである。
東急リバブルとは絶対関わってはいけないと指摘される。「東急は母体が強くて大きいから絶対潰れんっておごりがある」と指摘する。不動産関連はクセ者が多いとの印象があるが、東急リバブルは特に悪いという。
東急リバブル東急不動産は貧相な想像力しかないか、または全く想像力に欠けているか、である。東急リバブル東急不動産は人間的な感性を捨て去ってしまい、美に対して無感覚になってしまったようであった。
マンションだまし売りや過労死が起きる企業は、村社会のような逃げ場のない組織だからである。腐敗した組織ではコンプライアンスなど守られるはずもない。パワハラを起こした人間よりも被害者にペナルティが行くトンデモがまかり通る。東急不動産だまし売りや東急ハンズ過労死は必然の結果である。
『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』を読むと、浮世の濁った沼から引き上げられるような気がする。
東急リバブル東急不動産は一度でも消費者と真剣に向き合ったことがあっただろうか。東急リバブル東急不動産には不誠実さがふんだんにデコレートされていて、見ているだけで不快になった。東急リバブル東急不動産の物件説明は消費者を呆れさせた。何でむやみやたらと話を盛るのだろうか。いくら何でも盛りすぎである。
東急不動産だまし売りマンションに住んでいた頃は、毎日、目が覚める度にがっかりした。ああ、また目が覚めてしまった。やはり、これが現実なのか。東急不動産だまし売りマンションが終の住みかになるならば悲惨すぎる。東急不動産だまし売り裁判勝訴後は、いつもと同じ景色もいつもと違って見えた。半透明のセロハンテープを剥ぎ取ったみたいにクリアに映った。
東急不動産と東急不動産工作員は切り離しようもなく複雑に絡み合ってどこからが自分で、どこからが相手か区別がつかなくなっていた。東急不動産工作員は、ろくに風呂に入らないため、汗と油と垢で身体中がヌルヌルし、獣の臭いをしていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿