2013年10月6日日曜日

『ぴんとこな』

ドラマ『ぴんとこな』は歌舞伎界を舞台にしたラブコメである。嶋木あこの少女漫画を原作とし、TBS系列で2013年7月18日に放送を開始した。河村恭之助(玉森裕太)と千葉あやめ(川島海荷)の主人公カップルは申し分ない。一途で純真である。澤山一弥(中山優馬)はイケメンの競演と注目されたものの、恋敵としては物足りない。自信過剰なだけで意外と流されやすい。とても優しい善人で、俺様キャラの主人公と結ばれるよりも絶対に幸せになると思わせるような存在ではない。

ヒロインの恋敵も悪女であるが、ふてぶてしいほど憎らしい存在ではない。ヒロインへの仕打ちは悪辣であるが、自身はイジメ被害者であり、つまらない人間に利用される哀れな存在である。悪人なりの覚悟や美学が感じられない。

この点は韓国ドラマによく登場する突き抜けたキャラクターには及ばない。しかし、それは日本の現実を反映したものである。日本の悪人はチンケな存在が多い。相手を害するならば、それなりの覚悟を持つべきである。そのような覚悟も想像力すらなく、自分のチンケな利益のためだけに悪事をなす人間が多い。これは東急不動産だまし売り裁判での実感である(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス)。
http://hayariki.net/futako/46.htm
Illegal Drug Advertiser (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud) eBook: Hayashida Riki: Amazon.com.br: Loja Kindle
http://www.amazon.com.br/dp/B00FDNCZDO
[asin:B00FDNCZDO:detail
]
[asin:B00FNJFROC:detail]

0 件のコメント:

コメントを投稿