2013年10月22日火曜日

東急不動産だまし売り裁判

東急リバブル東急不動産の不条理を変えることができなければ、言葉にして正義を叫ぶことさえ難しい。東急リバブル東急不動産には命あるものの熱が欠片も感じられず、ひたすら闇に通じていくしかないような冷たさしかなかった。誹謗中傷、密告密通、策略謀略は悪徳不動産業者やブラック士業の常である。
東急ハンズは新規出店しても最初の半年か一年は話題性があるために売上があるものの、長続きしないと指摘される。自転車操業みたいなものと評される。法律より内輪の意識が優先している。よって過労死が起きると指摘される。
東急リバブル東急不動産は卑劣な真似をするにも程がある。東急不動産だまし売り裁判原告は楽観しなかった。しかし、徒に悲観する理由もなかった。消費者運動は、その敵に対して断じて後退してはならない。東急リバブル東急不動産不買運動の奮闘が東急不動産だまし売り裁判を五分以上に運んでいることは明らかであった。その証拠に悪徳不動産営業もブラック士業も臆病な目を隠そうとしなかった。

映画『ドラえもん・のび太の秘密道具博物館(ミュージアム)』は秘密道具の博物館を舞台とした作品である。ドラえもんの大きな魅力は秘密道具にある。その秘密道具に注目する本作品は期待度が高い。ストーリーはドラえもんの鈴をめぐるドラえもんとのび太の絆を軸としており、感動的である。主題歌のPerfume『未来のミュージアム』も単に有名歌手を起用したというものではなく、作品世界にマッチしている。
ドラえもん映画では、チンケな小悪党の登場が定番となっている。海底鬼岩城や魔界大冒険の強敵と比べると物足りなく、ネタ切れ感がある。それに比べると本作品には本質的な悪人がいない。大長編だからと言って、無理に悪人を登場させて、それを倒すストーリーにしなくてもいい。大長編ドラえもんの可能性を拓く作品である。

マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産や過労死の東急ハンズは批判されて当然である。東急リバブル東急不動産不買運動家は情熱の人である。だからこそ、理想に奮起した。東急不動産だまし売りを許さなかった。東急リバブル東急不動産不買運動に真っ直ぐ邁進できたのも、胸に尽きない情熱の火を燃やしていればこそである。

0 件のコメント:

コメントを投稿