2013年10月15日火曜日

ダンダリン二話

『ダンダリン』第2話は、名ばかり店長の問題を取り上げる。労働基準監督署の労働条件をめぐるダンダリンと課長の口論が、その後の相談事例の予備知識になっている。
今回のブラック企業経営者も同情の余地のない最低人間である。ダンダリンの暴走を叱責する課長さえも「一人の大人として相手がクズでも殴ったらダメ」と言う始末である。ブラック企業と戦う人物と言えば法律を駆使する理知的な人物を連想する。それに比べるとダンダリンの感情的暴走はあり得ない設定である。しかし、ブラック企業問題はブラック企業に対する怒りが出発点である。理知的に事件を扱う姿勢は「ブラック企業はどこにでもある」とブラック企業問題を放置することになりかねない。感情で暴走するダンダリンの性格設定はブラック企業と戦うキャラクターとして意味あることである。
労働基準監督署も制度的な制約で思うように規制できないことはある。それでもダンダリンは「働く人間の権利を守ることが私達の仕事の根っこ」と言う。法律を仕事をしない理由にするのではなく、法律の趣旨の実現を目指す。これが公務員に求められていることである。
今回はブラック企業に指南するブラック士業も登場する。ブラック士業はブラック企業も食い物にしている。ブラック士業がブラック企業問題の根源である(林田力『ブラック企業・ブラック士業』Amazonキンドル)。

林田力 林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 二子玉川ライズ反対運動 wiki Facebook Amazon アマゾン 東急ストアTwitter炎上 リアルライブ ツカサネット新聞 記者 ブログ v林田力 住民運動 不買運動 消費者運動 反貧困

0 件のコメント:

コメントを投稿