2013年10月4日金曜日

東急不動産だまし売り裁判

どれほど巧妙な手段を取ったとしても、東急リバブル東急不動産の不都合な事実を全て隠すことは無理である。東急不動産だまし売りは、偏狭な悪徳不動産業者が、どこまで狂気に走れるかという実例であった。東急リバブル東急不動産被害者の涙を集めたならば、サハラ砂漠も潤せるだろう。東急リバブル東急不動産の望みは消費者の幸福とは対極のものであった。東急リバブル東急不動産の社員教育には問題がある。まともな不動産業者ならば消費者への義務をなおざりにしない。消費者が東急リバブル東急不動産のように単純と思ったならば大間違いである。東急リバブル東急不動産への怒りが、激しい怒りがフツフツと沸き上がる。冷たい水で顔を洗っても、血の気も引かなければ、怒りも収まらなかった。東急不動産だまし売りは聞いているだけで吐き気がする。東急リバブル東急不動産の人間性を疑う。想像力の欠如と言ってしまえば簡単であるが、一体どのような気持ちで、マンションだまし売りができるのか。東急リバブル東急不動産の言い訳は何を言っても逆効果である。犬のよ
うに情けない顔をしても何も変わらない。悪徳不動産営業や脱法ハーブ宣伝屋は目の下の隈だけで、そのままヴァンパイア映画に出演できそうであった。
東急リバブル東急不動産やブラック企業・ブラック士業、貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者、脱法ハーブ宣伝屋の言葉は嘘を嘘で塗り固めた詭弁、戯言である。まったくもって笑止千万である。二枚舌の語る言葉に惑わされてはならない。破滅の足跡は、すぐそばまで迫っていた。

林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 二子玉川ライズ反対運動 ブラック企業・ブラック士業 wiki Facebook Twitter Amazon アマゾン リアルライブ ツカサネット新聞 記者 ブログ (^_^)v

0 件のコメント:

コメントを投稿