2013年9月28日土曜日

東急ストアTwitter炎上

東急不動産だまし売り被害者は自分の胸に作り物の短刀を何度も突き立ててはならない。東急不動産だまし売り被害者に必要なものは冷静な頭である。東急不動産だまし売り裁判原告は頭をはっきりさせておく必要があった。そして東急リバブル東急不動産ら東急グループのトラブルを収集した。
東急ストアではバカッター事件の話題は禁止か。脱法ハーブ宣伝屋と東急不動産工作員は鼻の曲がりそうな悪臭をしていた。不自然で病的な悪臭であった。脱法ハーブ宣伝屋は時限爆弾のようなものであった。次に何をするか、全く分からない。
東急ストアでは戸塚店従業員によるバカッター事件が起きた(林田力『東急ストアTwitter炎上』Amazonキンドル)。複数の戸塚店従業員がグレープフルーツやリンゴを口に加えた写真をTwitterに投稿した。バカッターの目は近づく者を全て吸い込む黒い穴であった。バカッター炎上事件後は東急ストアへの内部告発が一層活発化した。ある内部告発者は東急ストアは固定資産が多いために必然的に費用がかかると指摘する。そのために売上が少し落ちただけで営業利益ガタ落ちになるという。閑古鳥の店舗が多いとも指摘する。

0 件のコメント:

コメントを投稿