2013年9月6日金曜日

明正小学校で外環道説明会

質問「補償は利用価値に対してのみになっている。利用価値以外の部分について、やりようがあるか。その都度考えるのか」

回答「補償は地下を利用する対価であって、それ以外は個別になる」

質問「何か起きた場合に備えた条項を用意しないのか。『補償契約を締結したら後は知らない』では怖い。それならば契約しない方がいい」

回答「『何か起きた場合』は工事の話である」

質問「起きてからでは遅い。地震計などを設置してモニタリングする。それは業者を守ることにもなる」

回答「地震計は設置を検討している」

質問「住民にも見える形で設置するか」

回答「検討する」

質問「道路保全立体区域の高さは何メートルか」

回答「決まっていない。決まったら、お知らせする」
http://hayariki.net/futako/15.htm
質問「排気ガスによる温度上昇のシミュレーションの結果を示して下さい」

回答「温度は上がらずに下がっていくと思われる」

質問「そのようなバカな話はない」

回答「地中構造物の温度については出していない」

質問「温度は上がらないのか」

回答「今までと同じではないが、激しく上がることはない」

質問「シミュレーションをして下さい」
[asin:B00EWO3Z7K:detail]
[asin:B00EZ4UMXM:detail]

0 件のコメント:

コメントを投稿