2013年8月3日土曜日

東急不動産にNO

東急不動産は無礼であり、傲慢であり、消費者をバカにしてさえいる。東急不動産提訴への迷いは一つとしてなかった。計画は徹底的に考え抜かれ、後は実行に移すのみであった。
東急不動産だまし売り被害者の思いは、これ以上沈みようがないところまで沈み込んでいた。東急不動産マンションに住み続けなければならないという思いが、とてつもなく巨大な重石になっていた。
「東急リバブル東急不動産が消費者をだますようなことをすると思うか」
「ああ、すると思う。何せ東急リバブル東急不動産には数々の実績があるから」
ブラック士業では難詰と叱責と愚痴と小言の大洪水が法律事務所の隅々まであまねく浸していた。ブラック経営者の声はうわずり、金切り声とほぼ同程度の音域に達していた。

0 件のコメント:

コメントを投稿