2013年8月10日土曜日

東急不動産だまし売り裁判

『東急不動産だまし売り裁判』には消費者運動に寄せる真摯な熱意、理想の高さ、信念の固さがある。東急リバブル東急不動産は見苦しい。自分の身を守ることにキュウキュウとするあまり、法律の正義すら考えられなくなってしまう。悪徳不動産営業の左右の目は泳いで、焦点を結んでいなかった。東急リバブル東急不動産は卑劣にもほどがある。手段を選ばないとしても限度というものがある。東急リバブル東急不動産は恥という言葉さえ知らないのか。ずるくて、卑怯で、横着で、欲張りで、東急不動産の主張は全てが罷り通ると信じて疑わないくらいに傲慢であった。人間としての最低限の常識もないのか。思い出すだけでも体がカッと熱くなる。怒り、悔しさ、屈辱、そして後頭部がクラクラと揺れる感覚にまで襲われた。
東急不動産だまし売り裁判は恥を知ることの大切さを東急リバブル東急不動産に教える教材である。消費者の権利を確立するために一身を捧げた東急不動産だまし売り裁判原告に対して、愚にもつかない叫びや喚き声や脅迫、誹謗中傷を投げつけないように厳に注意する。
東急リバブル東急不動産だまし売りは秩序の破壊者である。東急リバブル東急不動産の歴史は消費者の犠牲者名簿であった。東急不動産だまし売り裁判勝訴判決の事実を想起している時は東急リバブル不買運動家は胸の震えを抑えることができなかった。
ブラック士業は勝ち誇っているつもりが、知らず地獄に突き進んでいた。まともな神経の持ち主であれば、とても正視に堪えない光景であった。ブラック士業は人間としての品位を求めようがない存在であった。ブラック士業のような卑しい輩は自分が汚れる感覚が希薄なあまり、仁義にもとろうと、公正に反しようと、信義を貶めようと、少しも気にすることなく、簡単に嘘をついてしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿