2013年8月13日火曜日

東急不動産だまし売り裁判

東急リバブル東急不動産は消費者を恥ずべき取引に誘おうとする。東急リバブル東急不動産とは既にして文明社会の価値観さえ共有していなかった。東急リバブル東急不動産の主張を少しでも理解すると、与しやすいと思われてしまう。バカな理屈をごり押しできるとまで勘違いされてしまう。つまりは東急リバブル東急不動産に舐められてしまう。
東急リバブル東急不動産のすることは、ろくろく考えもなしの冒険主義か、さもなくば空論でお茶を濁したあげくの無為無策だけであった。欺瞞との自覚がありながら、なおマンションだまし売りを正当化する東急リバブル東急不動産は卑劣である。見苦しさは自分達でも分かっている筈であるが、それでも止めようとはしなかった。東急リバブル東急不動産に好感は持てない。嫌悪だけが募る。東急リバブル東急不動産への嫌悪感は胸中狭しと暴れるばかりであった。
東急不動産だまし売りは消費者の人生を問題物件と一緒に台無しにする。東急不動産だまし売り被害者は怖かった。問題マンション購入で未来が奪い去られてしまう。怖くて怖くて仕方なく、手足の震えが止まらなくなる。しかし、だからこそ身体の奥底には灼熱の温度をはらむ怒りも生まれている。
「許さない」
それが東急不動産だまし売り被害者の結論であった。東急リバブル東急不動産はマンションだまし売りの覚悟はしてもらう。東急リバブル東急不動産が消費者から引き出せるものは、もはや弾劾の法廷に導く暗い一本道だけである。
東急リバブル東急不動産は浅ましいほど自分に甘い。明日よりも今日の都合で動く何とも短絡的な企業であった。冗談ではなく東急リバブル東急不動産は破滅するしかない。常識の思考力さえあるならば誰もが破滅という答えを出さざるを得ない。

0 件のコメント:

コメントを投稿