2013年8月7日水曜日

ブラック企業・ブラック士業

林田力『ブラック企業・ブラック士業』(Amazonキンドル)がついに発売された。東急ハンズ心斎橋店の過労死や東急電鉄・東急バスに対する一時金請求裁判に言及する。
東急ハンズがブラック企業大賞にノミネートされた。東急ハンズはブラックにのめり込み、せっせと病的な職場環境を作っていた。
不名誉な賞にノミネートされた理由は東急ハンズ過労死事件である(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazonキンドル)。東急ハンズ心斎橋店の店員がパワハラやサービス残業強要で過労死した。経営者が偽善を語るワタミと比べると目立たないが、偽善さえも語らない東急ハンズの方が悪質との見方も成り立つ。
ブラック企業は従業員に対してブラックという意味で使われることが多い。一方で顧客に対するブラックという意味でも使われる。この意味でも東急ハンズの親会社の東急不動産が満たしている。東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。

0 件のコメント:

コメントを投稿