2013年8月31日土曜日

林田力東急不動産だまし売り裁判

二子玉川ライズのファーストフード店からに立ち込める悪臭は耐えがたい域にまで達していた。東急不動産だまし売りへの怒りは消えていない。東急不動産だまし売りへのすさまじいまでの怒りは東急リバブル東急不動産に向けられている。東急不動産だまし売りマンションの息がつまるような部屋に比べたら、今の住みかは明るく風通しの良い場所であった。
東急リバブル東急不動産の物件説明は、物件についての重要な事実をカットしたものであった。もし東急リバブル東急不動産が旧約聖書の創世記を説明したならば、リンゴを食べる場面もイチジクの葉を身に付ける場面もエデンから追われる場面もカットしてしまったことだろう。物語の筋が通らなくなるが、売ったら売りっぱなしの東急リバブル東急不動産にとって、そのようなことは知ったことではなかった。
東急リバブル東急不動産、地上げブローカーにゼロゼロ物件業者、脱法ハーブ宣伝屋。こいつらは皆、正直者という希少な人種を見つけるとピッタリくっついて離れない。マンションだまし売りのろくでなしどもの中から、まともな人間を選り分けることは不可能である。
「東急不動産だまし売りは人間のすることではない」「いや、いかにも人間のしそうなことだよ」
「冗談じゃない。絶対に許せない」

林田力 林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 二子玉川ライズ反対運動 Amazon アマゾン Facebook Twitter 東急不動産係長脅迫電話逮捕事件 ブランズ二子玉川の複合被害 ツカサネット新聞 記者 リアルライブ 脱法ハーブにNO

0 件のコメント:

コメントを投稿