2013年8月17日土曜日

渋谷でネズミやハクビシンが異常繁殖

東急電鉄・東急不動産らの東急グループが再開発を進める渋谷ではネズミやハクビシンなどの害獣被害が深刻化している。その背景として、地域全体で行われている建設工事の影響で棲家を追われたネズミ達が溢れ出たと分析されている。

ファーストフード店内を疾走するネズミが撮影され、画像がネット上で拡散される事態も起きた。百貨店では売り物の洋服やヌイグルミがネズミにかじられる被害を受けている。飲食店で空調から異臭が出て業者を呼んだところ、エアコンの中からネズミの腐った死体が発見された。ゴミをためるバケツの底にウジ虫が湧き、それをネズミが食べて暴れ回っていたケースもある。

ネズミは見た目以上に不潔であり、病原菌の媒介者である。渋谷ではネズミが巨大化しているとの指摘もある。体長40cmほどもあるネズミがいる。また、殺鼠剤への耐性が強いネズミも増えている。

渋谷ではジャコウネコ科の外来種ハクビシンも急増している。ハクビシンは天井裏などにすみつき、ネズミとは比べものにならないほどの足音や糞尿などの被害がある。尿が天井から垂れ、天井が腐って落ちることもある。ハクビシンの多くは皮膚感染症・疥癬(かいせん)に感染しており、これは猫や犬、人間にも感染する。感染すると全身に湿疹ができ、強い痒みに襲われる。

ネズミなど害獣の異常繁殖は、金儲けのために住環境を破壊してきた東急グループの街づくり(街壊し)の帰結に見える。同じく東急グループ中心の再開発・二子玉川ライズもファーストフード店からの悪臭が地域の問題になっている(林田力『二子玉川ライズ反対運動4』「二子玉川ライズの悪臭公害」)。人口が拡大から減少へと転じた現在、大型開発の見直しや撤退が必要である。いくらお金だけが回っても、儲かるのはごく一部では住環境は悪化する。
http://www.hayariki.net/futako/7.htm

「センター街で、駅のホームで…渋谷で続発、ネズミ目撃談」日刊SPA! 2013年8月9日
「ネズミ、ハクビシン…飲食店も困惑する渋谷害獣事情」日刊SPA! 2013年8月9日
「密着! 渋谷の巨大ネズミ、捕獲最前線リポート」日刊SPA! 2013年8月12日
The Suit TOKYU Land Corporation Fraud 9 eBook: Hayashida Riki: Amazon.com.br: Loja Kindle
http://www.amazon.com.br/dp/B00EDNT7TK
Examination of Witness (The Suit TOKYU Land Corporation Fraud) (Japanese Edition) eBook: Hayashida Riki: Amazon.co.uk: Kindle Store
http://www.amazon.co.uk/dp/B00EFQIB92/

0 件のコメント:

コメントを投稿