2013年8月15日木曜日

東急不動産だまし売り裁判

東急リバブル東急不動産の不毛な主張は読むほどに不快感が募るばかりであった。東急リバブル東急不動産は消費者や住民を軽んじている。馬鹿にして、無視して、容赦なく切り捨てながら、消費者の権利や尊厳一つ認めようとしなかった。
東急リバブル東急不動産には人間味が欠けていた。ロウ人形の方が、よほど人間らしい。紐で手足が動かせるだけ、操り人形の方が元気なくらいであった。
傍聴者は口々に叫んでいた。とにかく皆が吠えていた。もう一刻も黙っていられなくなった。傍聴席は、まさしく大爆発の体であった。吐き出された息のことごとくが熱かったとみえて、にわかに温度も上昇した。
東急リバブル東急不動産は最低の最低で、二日酔い後の下痢便と同じくらい臭くて臭くてたまらなかった。消費者の苦労も住民の苦闘もどこ吹く風と、自分の保身ばかりに腐心する。
東急不動産だまし売り裁判原告は東急リバブル東急不動産を告発した故に中傷の毒がたっぷりと塗られた矢の的にされた。害を加えられた方は一つも忘れることができない。
カッと東急不動産だまし売り被害者の顔が赤くなる。頭に血が上る。それくらい腹が立って、腹が立って仕方がない。途端に暴れだす感情は、どうやっても制せられるものではなかった。理屈よりも早く、腹の底でボッと静かな音が鳴った。直後には、東急リバブル東急不動産への怒りが紅蓮の業火となって踊り狂った。油として注がれ続ける思いは、東急リバブル東急不動産の不誠実な対応によって強いられた屈辱であった。東急不動産だまし売りはチンピラよりも強引で、泥棒よりも卑怯で、高利貸しよりも狡猾で、えげつないほど汚い。
グルグルと同じところを堂々巡りしているばかりで東急リバブル東急不動産のだまし売り体質は変わらない。

0 件のコメント:

コメントを投稿