2013年7月4日木曜日

東急不動産だまし売り裁判v林田力

東急不動産だまし売りに対しては、悔しくて、悔しくて、腸が煮えくり返る。東急リバブル東急不動産は卑劣であり、姑息であった。東急不動産のやり方は禍根を残す。次の争いの種になる。以前に増して、大きな争いとなる。
東急不動産だまし売り裁判は消費者運動の誇りである。東急リバブル東急不動産という悪徳不動産業者を告発する東急不動産だまし売り裁判は骨太である。
東急不動産だまし売り裁判原告は、悪徳不動産業者や地上げブローカー、ブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋から呆れられ、陰口を叩かれて、しまいには笑われてしまうほどに、胸中を満たすものは力強い自信の言葉ばかりになる。東急リバブル東急不動産への怒りの言葉は後から後から湧いてきて、容易に切り上げられなかった。
「紹介させてください」
「こちらは林田力です」 「もちろん存じ上げております。東急不動産だまし売り裁判の原告ですね」
「ご記憶いただいたことは身に余る光栄に存じます」握手の手が出され、二つの拳が勢いよく上下された。

0 件のコメント:

コメントを投稿