2013年7月21日日曜日

ブラック士業

ブラック士業は自ら選んで過ちを犯す。ブラック士業には答えよりも疑問の方が多かった。考えは形をなさないまま消えていった。
ブラック士業にとって死はゆっくり訪れることになるだろう。自分の人生と向き合えてしまうほど、ゆっくりと。眠れぬ夜を過ごす時のように、取り返しのつかない過ちを犯してしまったことを後悔しながら。
ブラック士業が消滅しない限り、社会に平安は訪れない。ブラック士業に委任することは狐を鶏小屋の見張りに立てるようなものである。ブラック士業は証拠を探し出すよりもでっち上げる方が都合がいいと考えている。事実はねじ曲げようとしても曲げられるものではない。そのことをブラック士業は全く理解していなかった。
ブラック士業の口調は説得力に欠けていた。悪徳不動産営業やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋はピリピリしていて、野火を待つ乾ききった藪のようにすぐにでも燃え上がる状態になっていた。脱法ハーブ宣伝屋やブラック士業はなんて生彩に欠け、人間味に乏しいのか。脱法ハーブ宣伝屋は脱法ハーブに頼ることで自分の居場所を見つけた。
「ううう・・・」
脱法ハーブ中毒者は重症を追った馬のような呻き声を漏らした。脱法ハーブ中毒者は銃声に驚いた野生のガチョウのように恐怖でパニックに陥った。

0 件のコメント:

コメントを投稿