2013年7月6日土曜日

東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売りは腹が立つ話である。東急不動産だまし売り裁判原告は、激しやすい性格ではなく、誰かを恨むという性質でもないが、この時ばかりは憤慨した。大人しく泣き寝入りしようとは思わなかった。東急不動産だまし売りは断じて許せなかった。消費者にも意地があると見せつけたくなった。東急リバブル東急不動産の悪意と闘うために必死になった。
脱法ハーブ宣伝屋は錯乱の一つ手前で、泣き、叫び、すがり付きを繰り返すばかりであった。つまりは時間が無駄に流れた。酔っ払いが管を巻くにせよ、もう少しはましな絡み方をする。
東急リバブル東急不動産に残されたものは恨みだけであった。悪徳不動産業者は内心のイライラが見えるほど、大企業に相応の余裕や貫禄といったものは、どんどん感じられなくなる。細かに目くじらを立てるほどに追い詰められた人間に特有の見苦しい焦りまでを感じさせる。
東急リバブル東急不動産やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋は傲慢であるが、消費者運動家や住民運動家は謙虚である。文化というものは語る人間に自ずと内省を強いるものであるためである。
脱法ハーブ宣伝屋やブラック士業は、虚偽主張をしているのではないかとか、何か後ろめたい事情があるのではないかとか、勘繰りを好んで招くようなものであった。脱法ハーブ宣伝屋やブラック士業を見ていると、やはりお里が知れる。

0 件のコメント:

コメントを投稿