2013年7月29日月曜日

東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売りは直視に堪えない光景であった。あまりのおぞましさに身震いした。悪徳不動産営業やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋は、どうしようもない人間であった。どうしようもなく浅ましい人間であった。
東急不動産だまし売りマンションは痛風も阻害された。東急不動産マンションの換気扇は見かけ倒しで、ろくに役に立たないことが明らかになった。
東急不動産だまし売りマンションは冷え冷えとしていること死体保管所のごとし。床に裸足の足をおろした途端、その冷たさにギョッとした。原告は歯を食いしばった。そうでもしなければ、歯の根が合わないほど、玄関は寒かった。芯まで凍りつきそうに寒かった。
東急不動産は根性の腐った嘘つきであった。とりあえず嘘をつき、それがばれたら、その嘘を隠すために、また平気で嘘をつく。東急不動産の主張は空疎な言葉の羅列であった。言っている本人も信じていなかった。林田力は身をこわばらせ、顔をしかめずにはいられなかった。ブラック士業の品性に欠ける馴れ馴れしさを許容するつもりはなかった。東急不動産だまし売りを否定することは、いかに頑張ろうと、いかに踏ん張ろうと、たとえ逆立ちしても無理であった。東急不動産は完敗を喫した。東急不動産の主張は便所に叩き込まれ、下水の藻屑と消え果てた。

0 件のコメント:

コメントを投稿