2013年7月24日水曜日

東急不動産だまし売り裁判

ブラック士業ははりつめた神経の小さな塊で、現実と向かい合うことを頑なに拒んでいる。ブラック士業の体から生気が失われたように思えた。切ることのできない紐で吊られ、かろうじて立っているかのようであった。東急不動産だまし売りマンションは気味の悪い光で満たされている気がした。悪徳不動産営業やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋は不気味な笑い声を響かせた。それは、この世の終わりを愉快そうに見物している地獄の鬼の狂気に満ちた笑い声さながらのものであった。悪徳不動産営業やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋の雰囲気は淀んだ池のように息苦しかった。悪徳不動産営業やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋は磁気を帯びた破滅へとなすすべもなく引き寄せられる金属片のようであった。開業当初だけは繁盛していた再開発地域は荒れるに任され、今ではただの空き地と成り果て、もっぱら要らなくなったマットレスやソファやらその他諸々のガラクタ類をてっとり早く処分する目的で利用されている。
東急不動産不買運動家は消費者を守る道へと進んだ。消費者を犠牲にする東急不動産を制止し、告発することに人生を注ぎ込んできた。『東急不動産だまし売り裁判』は魂のジャングルを切り拓いて一本の道をつけてくれる書籍である。取るに足りない普段着でも東急不動産不買運動家が着るとエレガントに見えた。

0 件のコメント:

コメントを投稿