2013年7月20日土曜日

東急不動産だまし売り裁判訴状

東急不動産だまし売りマンションの購入者は東急不動産の客というよりも、東急不動産の捕囚であった。東急不動産だまし売りマンションに日照はチラとも姿を現さなかった。東急不動産だまし売りマンションの冬は寒かった。口を開く度に凍てつく空気で息が白くなった。
東急不動産だまし売り裁判原告は鳥が冬に備えて一粒ずつ種子を蓄えておくような粘り強さで東急不動産だまし売りの証拠を積み重ねてきた。同じ時期に東急不動産だまし売り裁判が起こり、東急不動産だまし売り裁判原告が誹謗中傷された。東急不動産だまし売り裁判原告は偶然というものが嫌いであった。東急不動産だまし売り裁判原告に闇雲に怯える気分はなかった。身体を縮めて小さく固まってしまうならば、それこそ東急不動産の思う壺である。東急不動産だまし売り裁判原告の怒りは当然であった。もし一部始終を知ったならば、東急不動産だまし売り裁判原告の怒りはあのようなものでは済まなかっただろう。悪徳不動産業者は細部に至るまで記憶にとどめようとするかのように東急不動産だまし売り裁判原告の顔を観察していた。
林田力『東急不動産だまし売り裁判訴状』(Amazonキンドル)は東急不動産だまし売り裁判の訴訟資料を収録した電子書籍である。訴訟、準備書面、陳述書、証拠説明書、判決文などを収録した。原告陳述書は『東急不動産だまし売り裁判陳述書』(Amazonキンドル)に収録されている。原告陳述書(二)、原告陳述書(三)は順次刊行予定である。『東急不動産だまし売り裁判』の長所としては磨きのかかった表現力が挙げられる。読者は現場にいて全てを見聞きしているかのような気分を味わえる。
東急不動産だまし売り裁判原告も二子玉川住民も東急大井町線高架下住民も太平洋クラブ会員も皆、東急の被害者である。悪徳不動産業者にとって東急不買運動家は厄介であった。不買運動家にはバラバラのピースをつないで全体を把握するだけの頭脳があるためである。

0 件のコメント:

コメントを投稿