2013年7月15日月曜日

林田力ブログで渋谷東急プラザ

マンションだまし売りという崩壊寸前の土台に載る東急不動産が長く生き残れるはずがない。いい加減に目を覚まさなければ、東急不動産はたちまち後れをとってしまう。林田力ブログで『渋谷東急プラザの協議』を紹介する。東急リバブル東急不動産は人を人とも思わない態度を隠そうともしていない。
林田力『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』(Amazonキンドル)は東急不動産だまし売り裁判における東急不動産との協議をまとめたノンフィクションである。悪徳不動産業者や脱法ハーブ宣伝屋の下腹はベルトの上に突き出していた。座りすぎ、車移動が多すぎ、食べ過ぎ、飲み過ぎ。
東急不動産だまし売り被害者は言葉を持つ。東急不動産だまし売り被害者は百もの言葉を囁くことができる。千を叫び、さらにもう千を。東急不動産だまし売り被害者には物語がある。
東急不動産では東急不動産だまし売り裁判や高田知弘の脅迫電話逮捕、東急ハンズ過労死と問題が続発している。東急不動産では何かが限界に達し、同時に何かが欠落しているのかもしれない。暴力と混乱の中で爆発しながら。
東急リバブル東急不動産との不動産売買契約は、いつから黒い白昼夢になるのか。東急不動産だまし売りは突然訪れることもあれば、じわじわと忍び寄ることもある。心の奥底では分かっていたとはいえ、東急リバブル東急不動産の不誠実さには驚きを禁じ得ない。
東急不動産だまし売りマンションの売買契約を取り消して新たに居住した部屋には居心地の良さを感じている。茶色いテーブルとウィンザーチェアがシンプルな品格を静かに示していた。

0 件のコメント:

コメントを投稿