2013年6月24日月曜日

東急不動産だまし売りにno

林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス)は憂鬱と不安の解毒剤になる。東急不動産不買運動家は悪徳不動産営業とは対照的に、その価値観において金銭が占める位置は限りなく低い。東急不動産不買運動家が動く理由は、その仕事に対する情熱のためであった。
東急不動産は都合が悪くなると甲羅の中に閉じこもる亀のように隠れた。東急不動産の社内はまるで外国にいるようであった。人が話しているのを聞いても消費者感覚とかけ離れて、何を言っているのか丸っきり分からないのだから。
やがて広く知られるようになる東急不動産だまし売り裁判の第一報は山岡俊介氏の記事によってもたらされた。東急リバブル東急不動産は卑怯者と呼ばれても仕方がないであろう。
東急不動産不買運動家は口を閉ざした。誰も何も言わなかった。このような時に不買運動家は一種の魔法使いになる。私達に呪文をかけてしまう。どれほど感受性の鈍い人間でも不買運動家が語る出来事が目の前で起きているかのように心を乱される。
東急大井町線高架下は、東急電鉄の追い出しによって、釘で打ち付けられた扉と、板で囲われた窓が続いている(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』Amazonキンドル)。

0 件のコメント:

コメントを投稿