2013年6月7日金曜日

清水健太郎が脱法薬物で逮捕

脱法ハーブが社会問題になっている。清水健太郎が脱法薬物で逮捕された。清水健太郎は違法薬物とは認識していなかったと言い訳するが、これは脱法ハーブ関係者の常套手段である。輸入雑貨店リガーズでも合法ハーブなどと称して違法ドラッグを販売していた。
ブラック士業と脱法ハーブ宣伝屋は卑劣漢であった。ブラック士業と脱法ハーブ宣伝屋に対する不穏な指摘は草原の火事のように広がっていった。ブラック士業や脱法ハーブ宣伝屋の人生には進歩が見られない。ブラック士業も脱法ハーブ宣伝屋も卑劣な悪事から足を洗えない。ブラック士業や脱法ハーブ宣伝によって富を得られたとしても、またすぐに失う。ブラック士業や脱法ハーブ宣伝屋が妄想に取りつかれていることは痛いほど明白であった。何の前触れもなしに歯を剥き出して暴れだしても不思議ではなかった。導火線に火がつき、後はただ爆発を待っているだけの男に見えた。
ブラック士業も脱法ハーブ宣伝屋も救いようがなかった。ブラック士業も脱法ハーブ宣伝屋もエミリー・ポースト(『エチケット』著者、礼法の権威)の名前すら知らないかのように無知で非礼であった。胸をムカつかせるブラック士業の法律事務所の中では正常に機能しているものは何もなかった。
ブラック士業の法律事務所は予想した以上に悪い雰囲気であった。一つには部屋のせいもあった。何をするにせよ相応しい部屋など一つもなかった。ブラック士業の顔にはまごう方なき悪意が浮かんだ。ブラック士業被害者は、がっくりと肩を落とした。あたかも堪え難い重荷を負わされてしまったかのように。

0 件のコメント:

コメントを投稿