2013年6月15日土曜日

東急百貨店が認知症女性にだまし売り

東急百貨店東横店(東京都渋谷区)は認知症の高齢女性(78)に4年半で約1100万円分の婦人服を売りつけていた。東京地裁は2013年4月に一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。認知症をカモにした過量販売・次々販売・多額販売の問題である。

被害女性は世田谷区で独り暮らしをしている。東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を購入していた。認知症の女性が2008年に商品を購入した記録では、毎週のように来店し、ジャケットやコート、ブラウスなどを3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしていた。同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。

離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気付いたという。自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。同じようなデザインの服が多数存在していた。

同年8月に病院が「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」と診断した。弟は11年5月から女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。報道では「売り手の姿勢が問われている」と指摘される(「認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令」読売新聞2013年6月14日)。

東急百貨店だまし売り事件は東急の詐欺的体質を示す。東急グループでは買ってはいけない。東急不買運動の声も出ている。「店に関係ないものまで売りつけてるし、こういうことする店には行きたくないねぇ」。東急田園都市線など東急沿線は住民の高齢化が著しい。東急グループが高齢住民をカモにしようとしているとの注意喚起も出ている。
http://www.hayariki.net/10/1.htm
東急の問題体質は枚挙に暇がない。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りし、消費者契約法違反で売買代金返還を命じられた(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。東急不動産ではトラブルになった顧客女性に脅迫電話を繰り返して社員が逮捕される事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。

東急電鉄は東急大井町線高架下住民に一方的な追い出し行為を行った(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』Amazon Kindle)。東急電鉄東急不動産は二子玉川ライズやブランズ二子玉川によって住環境を破壊する(林田力『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』Amazon Kindle)。このために東急百貨店だまし売り事件でも「東急だったらやりかねない」との声が出た。「東急百貨店じゃさもありなんだわなぁ。百貨店としては完全に格落ちだし」。強盗慶太と悪名高い創業者・五島慶太の卑しさを連想する声もある。「こう言っちゃ悪いが、五島イズムは健在ですなぁ(呆然)」。

0 件のコメント:

コメントを投稿