2013年6月30日日曜日

安世鴻(アンセホン)「重重」

写真家・安世鴻(アンセホン)の「重重」が書籍化されます。
未発表写真を加えた約100点と、安世鴻の書き下ろしエッセイ・解説を収録。

2012年に新宿ニコンサロンでの展示を不当に拒否され、日韓の市民の協力により各地で展示が実現してきた重重写真展。取材してきた中国に残された朝鮮人日本軍「慰安婦」被害女性たち。彼女たちの胸にこびりついた恨(ハン)と苦しみを、写真と
エッセイを通して語りかけます。

日韓市民の善意に基づく出版支援を通じて、いまだ明らかになっていない多数の日本軍「慰安婦」被害者の問題、そして歴史認識や民族差別をめぐる亀裂が深まるなかでの言論・表現の自由の問題について、広く関心を持っていただきたいです。

写真集『重重』概要
刊行予定:2013年7月上旬 定価:本体2500円+税 A5判ハードカバー 176ページ
※書名・定価・刊行時期などは変更の可能性があります

日韓市民の手で写真集出版を支援する「出版サポーター」を募ります! 出版サポーター及び、ご予約いただいた方には、写真展の作品と同じ韓紙のピンナップを特典としてお付けします。

【出版サポーター・ご予約詳細】
●この刊行に先立ち、出版を支援するための予約注文および「出版サポーター」を広く募ります。
 �通常予約注文  ……2500円(税、送料込み)で、本書1冊を予約
 �出版サポーター ……5000円(税、送料込み)で、本書2冊を予約

サポーターを募集して1か月、200冊を超えるご予約を頂きました。刊行直前の6月末日まで受け付けておりますので、是非皆様のご協力をよろしくお願いします。

★★下記のフォームよりすぐにご予約いただけます!★★
予約フォームへリンクします:http://juju-project.net/publication/

大月書店「重重」書籍詳細ページ(目次などの詳細あり)
  http://www.otsukishoten.co.jp/book/b110830.html

0 件のコメント:

コメントを投稿