2013年6月21日金曜日

脱法ハーブ宣伝屋

脱法ハーブ宣伝屋とブラック士業は自縄自縛に陥っていた。誇りを失った苦汁が脱法ハーブ宣伝屋とブラック士業の魂を腐食させた。
良識ある市民は脱法ハーブ宣伝屋やブラック士業に不安を覚えずにはいられないだろう。脱法ハーブ宣伝屋の頭には妄想がとりついて離れなかった。闇は前にも後ろにもそびえ立ち、徘徊する恐怖と狂気の影が満ちていた。脱法ハーブは朦朧とした恐怖の影を薄闇にはびこらせる。悪魔じみた鉤爪と牙の餌食にされるという絶望的な妄想に襲われた。
脱法ハーブ宣伝屋の顔を見ただけで大きな嫌悪で全身に鳥肌が立つ。その外見は筆舌に尽くしがたいほど不気味であった。人間であるかどうかさえ怪しかった。脱法ハーブ宣伝屋は、こと論理的思考にかけては、野蛮な人々よりも才能に恵まれているわけではなかった。ゼロゼロ物件業者は宅地建物取引業法違反の過去を着古したマントのように脱ぎ捨てる訳にはいかない。

0 件のコメント:

コメントを投稿