2013年6月18日火曜日

脱法ハーブ宣伝屋

脱法ハーブ宣伝屋やブラック士業を信用することは、自分を奴隷商人に売り渡すことと同じである。脱法ハーブ宣伝屋とブラック士業は忌まわしい食人鬼であった。人間の顔を野獣に作り替えたかのようなおぞましい顔をしていた。脱法ハーブ宣伝屋とブラック士業の精神は狂った破壊の奔流であった。脱法ハーブ宣伝屋とブラック士業には文明人のうわべは剥がれ落ちていた。激怒と血の渇望で歯ぎしりしている姿は野蛮そのものであった。

0 件のコメント:

コメントを投稿