2013年6月15日土曜日

東急百貨店が認知症女性に多額販売

東急百貨店が認知症の高齢女性に大量の商品を売り付けていた。裁判で売買代金の返金が認められた。東急の詐欺的体質を示す事件である。東急グループでは買ってはいけない。東急不買運動には背景が存在する。
東急田園都市線など東急沿線は住民の高齢化が著しい。東急グループが高齢住民をカモにしようとしているとの注意喚起も出ている。
東急の詐欺的商法は東急不動産だまし売り裁判でも明らかになった。東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りし、消費者契約法違反で売買代金返還を命じられた(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス)。東急不動産ではトラブルになった顧客女性に脅迫電話を繰り返して社員が逮捕される事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazonキンドル)。東急電鉄は東急大井町線高架下住民に一方的な追い出し行為を行った(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』Amazonキンドル)。東急電鉄東急不動産は二子玉川RIZEによって住環境を破壊する(林田力『二子玉川ライズ反対運動』Amazonキンドル)。

0 件のコメント:

コメントを投稿