2013年6月13日木曜日

脱法ハーブ吸引で危険運転致死罪

脱法ハーブを吸引して自動車を運転し、人をはねて死なせた人物が危険運転致死罪で有罪判決を言い渡された。脱法ハーブ(脱法ドラッグ)は反社会的である。脱法ハーブを宣伝する卑しい人間も含めて厳しい追及が求められる。
脱法ハーブ宣伝屋は自分が嘲笑されている事実を知って抗うつ剤を倍増ししても眠れなかった。ベッドは固く、マットレスは敵となり、思考を間違った方向へと導いた。脱法ハーブ宣伝屋は何度も寝返りを打ち、再び眠ろうとした。自分が笑われていることや、その他のあらゆる考えを頭から追い出そうとした。それでも眠りは訪れなかった。眠らなくては。眠らなくては。その呪文を呟けば呟くほど眠れなくなった。全身が必死で休息を求めているのに眠れなくなった。
卑怯な呟きはTwitter発言に対する論評である。Twitter上で引用されたような発言がなされたことは事実である。相手に正面から向かわず、相手の嫌がるところを攻撃するとの発言者の心根を卑怯と評している。これは事実に基づく論評である。

0 件のコメント:

コメントを投稿