2013年6月12日水曜日

ブランズ二子玉川の複合被害

林田力『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』(Amazonキンドル)が林田力Amazon著者ページに掲載された。林田力『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』(Amazonキンドル)が林田力Amazon著者ページで人気度一位になった。二位は『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス)、三位は『二子玉川ライズ住民訴訟』(Amazonキンドル)である。四位は『二子玉川ライズ反対運動1』である。かつては『二子玉川ライズ住民訴訟』が一位になったこともある。その前は『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』が一位になった。
東急不動産だまし売りマンションのエントランスは名も知れぬ恐ろしいものに対する脆い作りの防柵のように不気味であった。東急不動産だまし売りマンションの外階段は単に上階へ行くためのものであったが、今では上方の謎に満ちた危険な領域へ人を誘い込もうとしていた。

0 件のコメント:

コメントを投稿