2013年5月20日月曜日

脱法ハーブ依存症

脱法ハーブ宣伝屋は脱法ハーブやゼロゼロ物件を批判する書き込みに削除要求を行った。脱法ハーブもゼロゼロ物件も社会問題になっている。脱法ハーブは深刻な健康被害をもたらす。脱法ハーブ使用者には厳しい現実が突きつけられる。脱法ハーブ依存症の治療がいかに難しいか、どれほど時間を要するか、どれほどの苦痛と犠牲を伴うか。そして、その成果も成功するという保証はどこにもない。
ゼロゼロ物件は貧困者を搾取する貧困ビジネスである。アングラサイトに脱法ハーブの宣伝広告を掲載することは反社会的である。ところが、脱法ハーブ宣伝屋から見れば脱法ハーブや貧困ビジネスを批判することが誹謗中傷になるという。社会悪が被害者ぶることは滑稽である。
脱法ハーブ宣伝屋は性格も往生際も悪い。ここまで告発記事で書かれているにも関らず、「頭隠して尻隠さず」とは脱法ハーブ宣伝屋のことである。全てを知られているにも関らず、ますます疑われるようなことを行っている。しかも、すこぶる見え見えの稚拙な悪事ばかりを、これでもかこれでもかと繰り返している。その策略のあまりのレベルの低さには苦笑を禁じ得ない。
脱法ハーブ宣伝屋の目には危険な光か宿っていた。脱法ハーブ宣伝屋は怒りを隠すことが下手であった。衝動的な感情失禁癖があり、典型的な堕落の見本であった。脱法ハーブ宣伝屋は一秒毎に傲慢と恐怖の間を行ったり来たりしている。自己過信と戸惑いの危険な組み合わせ。
http://www.hayariki.net/tokyu/faqindex.htm

0 件のコメント:

コメントを投稿