2013年5月12日日曜日

林田力ブログでブランズ二子玉川

林田力『東急不動産だまし売り裁判』ブログでブランズ二子玉川による住環境悪化を指摘する記事がアクセス上位になった。世田谷区玉川では二子玉川ライズによる住環境破壊が問題になっている。ファーストフード店からは悪臭がし、住民は吐きたい衝動に駆られる。ファーストフード店のカラフルな色彩としつこい油の臭いが気分を悪くさせる。
ブランズ二子玉川は世田谷区玉川に複合被害をもたらすと懸念される。ブランズ二子玉川によって二子玉川ライズのビル風が一層悪化することが懸念される。二子玉川ライズでは超高層ビルのビル風によって負傷者が出ている(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』Amazonキンドル)。新たなマンション・ブランズ二子玉川はビル風の複合被害をもたらすと懸念される。二子玉川が人の住めない町になりかねない。
マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産は後ろ指をさされながら死ぬことになる。天国行きは期待できない。まず反対の方向に堕ちていくだろう。二子玉川の景観は住民のものである。二子玉川ライズやブランズ二子玉川が破壊していいものではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿