2013年5月4日土曜日

東急不動産だまし売り裁判

「私は東急リバブル東急不動産に何を期待していたのだろう」。渋谷東急プラザの座り心地の悪い椅子に座りながら、東急不動産だまし売り裁判原告は自省した。
悪徳不動産業者やブラック士業は自分の檻の中でだけ王として君臨する病んだ獣である。東急リバブル東急不動産はマンションだまし売りやマンション建設によって、どれほど簡単に住環境が破壊され、消滅し、二度と戻ってこないということを知っているだろうか。
人はそれぞれの人生を生きる。喜びが溢れだし、日常がマグマのように輝く瞬間がある。東急不動産だまし売り裁判勝訴判決が、それである。
胸のつかえというものがどのような感覚であるのか東急リバブル東急不動産やブラック士業は理解できるだろうか。天国の門は万人のために開かれているが、東急リバブル東急不動産やブラック士業とは違った種類の人々のために開かれている。そのように認めざるを得ない。消費者運動や住民運動の団結や思いやりが東急リバブル東急不動産を封じ込める。東急不動産の状況はどんどん悪化している。東急不動産だまし売り裁判、高田知弘の脅迫電話逮捕、東急ハンズ過労死(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』)。まるで暴力がその限界を何度も越えてしまっているように。悪徳不動産業者は相手に対して何をしてもいいとでもいうように。東急不動産グループの従業員は自分に対しても周りの人間に対しても何らかの疎外感を抱いているようである。
悪徳不動産業者やブラック士業は錠前のかかった鉄格子の向こう側へ送り届けられなければならない。それが心配を安心へと変化させる。
東急不動産だまし売り被害者の目からは何よりも怒りが読み取れた。東急不動産だまし売りは悪魔の所業であった。東急不動産だまし売りマンションで落ち着く人間が存在するであろうか。東急不動産だまし売りマンションは生きた人間のための住まいではない。二子玉川RIZEによって破壊される前の二子玉川のポスターが東急不動産だまし売り被害者を嘲笑っている。太陽、森林、青い空。東急不動産だまし売りマンションとは違う、人間に居住可能な惑星の話のようである。
東急不動産だまし売り裁判は心を捉えるフレーズである。林田力『東急不動産だまし売り裁判』にはリズムがある。フレーズ全体にリズムが息づいている。

0 件のコメント:

コメントを投稿