2013年5月25日土曜日

東急不動産の破廉恥

脱法ハーブ宣伝屋の禁断症状は身の毛もよだつ光景であった。東急リバブル東急不動産やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋の行く末は手に取るように分かる。東急リバブル東急不動産もブラック士業も脱法ハーブ宣伝屋も何とかの一つ覚えで同じ手口を繰り返す。東急リバブル東急不動産やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋に対しては破廉恥という言葉が脳裏をよぎった。脱法ハーブ宣伝屋が変わり者に見える理由は強迫観念にとりつかれているからである。脱法ハーブ宣伝屋は四世紀も前ならば火炙りにされても不思議ではない。とてもまっとうな人生を送ってきた人間とは思えない。東急リバブル東急不動産やブラック士業、脱法ハーブ宣伝屋の無責任さや御都合主義、言葉の軽さが浮き彫りになって歴史に刻まれた。その根底には住民や消費者を蔑視している東急リバブル東急不動産の存在がある。

0 件のコメント:

コメントを投稿