2013年5月14日火曜日

林田力・東急不動産だまし売り裁判

東急不動産だまし売り裁判原告の目には鋼鉄のように硬い表情が宿った。東急不動産だまし売りは消費者から人間性を奪う。東急不動産だまし売り被害者はしなければならないことをするだけであった。東急不動産だまし売りを黙って見過ごすことは市民としてあり得ない。東急不動産だまし売りを止める者もいなくなってしまう。東急不動産だまし売り被害者がすることは悪を制止することであった。
一千年にも及ぶ被害体験と苦しみを伝えるかのように東急不動産だまし売り被害者の瞳孔が黒く大きくなった。それからまぶたを閉じ、数秒間目をつぶった。東急リバブル東急不動産は地獄の炎に焼かれるがいい。絶対に許せない行為というものがある。その種の罪に対する罰は一生恥を晒して生きることである。
東急不動産だまし売りは間違えなく混乱であった。刻一刻と深みにはまり、何がなんだか分からなくなっていく。しかし、様々な経路から東急リバブル東急不動産の悪質さを示す膨大な情報が手に入った。必然的に何かすべきという気になった。

0 件のコメント:

コメントを投稿